« あけましておめでとうございます | メイン | コンブチャ »

実話の映画

実話をベースにした映画って結構好きでよく見ます。
「チェンジリング」とか「アンブロークン、「スポットライト」など。
数えていけばキリがないけど、とにかく好きです。

一度見てみたいと思ったのは「それでも僕はやっていない」です。
チカンの話ですね、似たようなのはドラマか何かで見た記憶がありますが、映画はおそらくないはずで。
警察ってのは女性に甘いというか、女性が「この人、チカンです」と言えば、
こうやって冤罪で捕まってしまうのだ、ってところが描かれている(はず)映画ですね、
これは見たいです。

ウイル・スミスの「幸せのチカラ」も。
実はこの映画は見ていますが、DVDとして我が家に置いておきたい映画なのです。
買えばいい?・・・そうなんですよね、、、、買ってきます、はい。

日本の冤罪事件では「袴田事件」・・・なんといってもこれでしょう。
今は釈放されていますが、四家宗として何十年緒刑務所にいました。

拘禁反応で苦労されてます、早く「無罪」と言われますように。


ベターーーなところでは「中堅ハチ公」・・・リチャード・ギアが出てる奴。。
ま一回見てもいいかなって程度ですけど、これも実話ですね。
ハチ公、、、じっさいのいた犬です。

どうでしょうか?
まだまだあります、たくさんありすぎる。
でもこれら全部見たいのです。
実話な映画って面白いですよねー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.darkdogtour.com/mt3/mt-tb.cgi/67

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年02月01日 15:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あけましておめでとうございます」です。

次の投稿は「コンブチャ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38